不当解雇の無料相談

不当解雇裁判を有利に進める法律事務所の弁護士無料相談窓口

労働問題に強い法律事務所にはクビやリストラについての相談が寄せられています。不当解雇されたときにまずするべきことは、すぐにでも解雇理由証明書を請求することです。日本には労働基準法、労働組合法、労働関係調整法という法律があり、これらを労働三法と呼んでいます。濡れ衣など納得できない理由で解雇されたときには上記法律の他、労働契約法に基づき雇用側と争うことになります。不当解雇をされた方は労働審判、民事調停、民事訴訟、支払督促などの法的手段を用いてトラブルを解決することができ、雇用主が解雇理由を説明してくれない場合法律違反として訴えることができます。訴えるには個人で必要書類をそろえ申立てをすることもできますが、やはり勝ちたい方は労働問題に強い弁護士を頼ることが一般的です。

 

探偵事務所から弁護士の紹介を受けるとスムーズな場合があります

 

雇用に関する民事裁判では未払いの賃金や解雇予告手当の請求、また地位確認、地位保全の仮処分などを提訴することができます。これらの争いはあくまで民事となりますが、横領や詐欺など犯罪の証拠があれば刑事告訴することも可能です。日本では立証責任があるため疑わしきは罰せずという考え方に基づき裁判が進むことになります。刑事裁判はもちろん民事訴訟においても証拠がない場合は、自分の有利に話を進めることはできないので注意してください。不当解雇の判例はいろいろありますが、どんなに不当な扱いを受けていたとしても、そのことが立証できず敗訴した事例もたくさんあります。陳述書や答弁書の内容は勝てる争い方にとても大きく影響しますから法律を熟知した専門家を頼ることはとても重要です。

 

興信所から専門家の紹介を受けるとスムーズな場合があります

 

解雇を認めない社長を訴えたいけれど弁護士は相談料、着手金、報酬金、実費(経費)、事務手数料などの費用が発生することになるため損をしてしまうと迷ってしまう気持ちもあるはずです。しかし最近では無料法律相談が利用できる弁護士事務所もありますし、最初から裁判をしなくても内容証明を送付するだけで各種手当や賃金の支払いに応じる場合もあります。未払い分の賃金を求めることができるのは2年という時効がありますから、まずは一度どんな手続きができるのかアドバイスだけでも受けてみてはいかがでしょうか。中には退職をするときに後から金銭が要求できないように念書を取る会社もありますが、内容によっては無効となるためそのような書類が手元にある方も諦めないでくださいね。

 

↑無料相談はページ上部から